有限会社阪急泉南グリーンファームは有機栽培で培った独自技術を生かした「土づくり」を行うことで美味しいサラダ野菜を生産する会社です。

■代表のあいさつ

 

daihyou日本では近年、消費者による食に対する意識が高まっており、”食の安心・安全”の確保が重要な課題となっております。 このような消費者のニーズに応えるため、2003年に有限会社阪急泉南グリーンファームを設立し、2004年から有機認証を受けた野菜の栽培及び出荷を開始いたしました。化学物質を使わずに、ふくよかな土壌をつくり、年間を通じて栽培し続けることにこだわり、現在では35.000㎡の農場で主にサラダ野菜を栽培しています。
これまでに培った「土づくり」「栽培手法」のノウハウを活かして、素材本来のおいしさを実感でき、安定価格で安定供給できる野菜の栽培を目指して、農業の新たなビジネスモデルを構築してまいります。

代表取締役社長 大 島 一 夫

■阪急泉南グリーンファームについて

阪急泉南グリーンファームの根本となるのは、JAS有機栽培を実施することで培った『土づくり』  『農場の環境づくり』 『防除』 『書類管理手法』です。有機認証を取得し、維持管理していく中で、紆余曲折、模索しながら構築した「独自の栽培手法・管理手法」を私たちは農場展開していく上での基本としています。
世の中には様々な農法が存在しますが、体系づくりがなされているものは少なく、個人的技能・能力に依るところが多く、ややクローズ化された感のある農業分野ですが、重要なのはひとつの事にこだわらず、様々な長所を取り入れながら、体系づくりと実践を行う事であると考えています。
継続した実践と研究を重ね、更なる栽培面積の拡大と農業経営を行っていきます。

■栽培のこだわり

当社の栽培の特徴は「健全な土壌づくり」「栽培管理技術」にあります。
健全な植物の生育には、丈夫な根の発育と光合成の促進が欠かせません。
そのため、当社は土の中の生態系バランスを整えることにこだわり、土の状態に合わせて、炭素吸収率と微量要素を考慮した堆肥や有機資材の補充を適時行っております。これにより、丈夫な根を持つ野菜が生育し、野菜の日持ちも長くなります。
また、化学肥料を使用せず、アミノ酸分解された独自の有機資材を使用することにより、野菜本来の美味しさと、やわらかな色合いを持つ野菜ができあがります。
このように、農薬や化学肥料に頼らず、自社独自で開発した技術を活かして、連作可能な土壌をつくり、生育期間の栽培管理を徹底することにより、当社は安定した収穫量の確保を実現しております。

■栽培作物紹介

「味」で差別化ができるように、「サラダ」で食べやすい品目を中心に栽培しています。 ctbtn

PAGETOP
Copyright © 有限会社阪急泉南グリーンファーム All Rights Reserved.